牛刀 chef's knife

牛刀


 

牛刀とは

牛刀は世界中で広く使われている西洋包丁。
フレンチナイフ、シェフズナイフ、万能包丁などとも呼ばれています。

もともと塊の肉を小さく切るのに都合よく設計されている。
三徳包丁に比べると刃が長く幅が狭く、筋などの切りにくいものを切るのにも優れています。牛刀という名ではあるが、西洋諸国では肉類以外のものを含めほとんどの材料をこの包丁を使って切り、万能包丁として使用される。

近年では日本の三徳包丁が西洋で牛刀のように使われている。
日本でも牛刀は三徳包丁同様に使われており、両者に特別な差は少なくなっている。
ヨーロッパではこの形状をしたものは36cmのものまであるが、家庭で一般的なのは15cmから20cm程度のものである。本職用としては20cmから30cm程度のものが一般的であるが、40cm近い大包丁も存在する。
キッチンのスペースと相談しながら包丁の長さを決める良いでしょう。