ニュース RSS



研匠一押しの本格派包丁!!堺孝行33層槌目ダマスカス包丁

  ダマスカス包丁が人気の理由 ダマスカス包丁が近年、国内外問わず人気になってきいます。 以前からありましたが、海外で人気に火が付、その人気が日本に来た感じです。そのためいろいろなメーカーが制作に乗り出し、現在、色々に特色のあるダマスカスが販売されています。 包丁の業界としては非常に嬉しい事なのですが、工材のメーカーや、製造業者はこれまでにない需要が増え、過剰労働に悲鳴を上げているところです。これは職人の高齢化と後継者不足に悩む業界の課題です。   ダマスカス包丁とは ダマスカス包丁は今のように人気になる以前からありました。 うずしお、積層鋼、墨流し等の名前で呼ばれていましたが『ダマスカス、ミルフィーユ』と言う呼び方にして人気に火が付きました。ダマスカスの名前の由来は現在内戦の地にある中東シリア近郊の都市、ダマスカスに由来しています。インドで産出されたウーツ鋼を初めて刀剣にしたのです。   ダマスカス鋼の切れ味とは ダマスカス鋼は、ステンレスを何層にも重ねて厚延をし真ん中に切れる芯材を入れることで、切れ味、永切れ、美しさ、研ぎやすさを実現しました。 実際の切味を左右するのは中に入れる芯材の質によって決まります。この芯材に使われるのがVG10号(V金10号)が多く使われているのはほぼ最高クラスの切れ味が望めるからです。 ダマスカス鋼を作る場合は厚延報や折返し鍛錬とかは鍛造といい、日本古来の打ち刃物の技法で、より鋼がしまり、切れ味が増すのです。 堺孝行ダマスカス33層鋼には槌目(つちめ)と言ってハンマーでたたいた跡が凹凸になるのですが、ハンマーでたたくことが鍛造効果を増し、さらに切れ味が増すわけです。   丁度いい刃厚 刃の厚みは薄いほど切れ味は鋭くなりますが、同時にもろくなります。刃の厚みが厚いほど刃は丈夫ですが、切れは落ちます。 このダマスカス33層鋼は薄すぎず、暑すぎず丁度いい厚み を実現しています。これによって、鋭い切れ味と強い刃を両立しています。 驚く切味と永切れの実現です。(とはいえ永久に切れるわけではありません。通常に比べるとです。) 心のステイタス  ステイタスと言うと地位の象徴なんていわれますが、堺孝行ダマスカス33層鋼は包丁のステイタスとも言えます。 誰にでも持てるステイタス。人に見せるわけではありません。自分自身の心のステイタスです。自分自身で見るたび、使うたび、豊かなで穏やかな気持ちにさせてくれる包丁はお料理に心のゆとりと愛情が伝わります。 女性でも、男性でも平等にその恩恵を受けることができます。ずっしりとした重量感。品のある積層鋼と槌目。落着いたハンドルの色合いは従来の包丁にはない卓越した優美ささえ感じます。   

Continue reading